東京(新宿)で無料相談受付中

不動産の売却相談

地主や不動産投資家などをクライアントに持つ税理士や弁護士が提携している「士業御用達の不動産コンサルタント」が、大切なご自宅の売却をお手伝いします。

「囲い込み」などの不動産売却者の利益を損なうような悪質な行為は、有名な大手不動産会社などでも行われているようです。良い不動産会社を見つけることは、良い税理士を見つけることよりも何倍も難しいと思います。

不動産取引の失敗は、節税では取り返せません。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

【コラム】「囲い込み」とは
自宅を売却する時は不動産仲介会社に依頼をして告知をし、できるだけ多くの方に自宅の情報を知ってもらいたいと思います。それが早く高く売れる条件だからです。しかし、不動産仲介会社の中には、売主には内緒で広く告知をせず、または他社からお問い合わせがあった場合に「この物件にはすでに申し込みが入っています」などの虚偽の報告をして取引をさせず、自社の買主をつけようとすることがあります。この行為を囲い込みと言います。

物件情報を公開しない、または取引させないことにより、売却に時間がかかるため売主は売却価格を下げることになります。そうして、自社の買主と取引を促すということもあるようです。このように「囲い込み」をすると、その不動産仲介会社では「売主」と「買主」の両方から仲介手数料がもらえることになります。

物件を隠す「囲い込み」は、売り手との媒介契約違反であり、内規によって囲い込みを禁じている会社もあるようですが、実態としては今でも「囲い込み」は行われていると言われています。

報酬

不動産コンサルタントへのご相談は無料です。ご希望がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ページトップへ戻る